すそわきが.com|石鹸や手術・治療をせずに臭い対策する方法

すそわきがの臭いと性病の臭いの違いは何があるの?

すそわきがの臭いと性病にかかってしまった陰部の臭いは全然違います。
すそわきがは、ニガミのある生臭さで鼻をつんとつくような臭いが特徴です。

 

匂いは個人差になりますが、アポクリン汗腺の保持の量が関係してきます。

 

また、すそわきがと性病の臭いは、発生場所も違ってきます。
すそわきがは汗腺からの汗が雑菌と混じる為、陰毛などが生えている表面が臭うことがおおく、毛の間に臭いがこもります。

 

しかし、性病になると、膣内に感染している為、おりものなど分泌液そのものに異臭が放つため、毛穴からの臭いというのではなく、陰部からの分泌液が臭う事になります。

 

性病の臭いとは?

性病にもさまざまな種類があり、その病気によっても臭いが違います。それぞれの特徴を見ていきましょう。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は、性交渉によってもかかりますが、免疫力が低下してくると性交渉とは関係なくかかってしまいます。
カンジダ菌の異常繁殖によって起こります。かゆみやおりものが酒粕やチーズ状になるのが特徴です。
カンジダ膣炎にかかると、デリケートゾーンから魚のような生臭いニオイがするようになります。

 

淋病

淋病は、性交渉によって淋菌という菌に感染してかかる病気です。
放っておくと他の病気に発展してしまう事もありますから、早めに病院で治療しましょう。
治療の際は投薬治療で治します。感染したまま出産すると、母子感染してしまいます。
症状としては、デリケートゾーンの不快感や激しい痛み、黄色や緑白色の膿を含んだおりものが出るようになったりします。
淋病の時のニオイは、強烈な生臭いニオイになります。

 

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、デリケートゾーンがトリコモナス原虫という微生物に感染する事で起こります。
トリコモナス原虫は膣内の乳酸菌を減らすため、雑菌が増えやすくなり、他の感染症にもかかりやすくなります。
性交渉によってかかる事が多いんですが、稀に不衛生なトイレや浴槽から感染する事もあります。
トリコモナス膣炎にかかると、デリケートゾーンから魚のような生臭いニオイがします。

 

雑菌性膣炎

雑菌性膣炎は、性交渉がなくてもかかってしまう事があります。
原因としては、免疫力の低下や誤った膣内洗浄によって膣内に雑菌が増えてしまう事などがあります。
軽度の場合は自然治癒する事もありますが、通常は病院で洗浄・投薬によって治療を行います。
雑菌性膣炎の症状としては、おりものが急に臭くなったり、排尿する時にしみたり、おりものが灰白色になったりというものがあります。
雑菌性膣炎にかかると、デリケートゾーンから生臭いニオイや、かなり強い酸っぱいニオイがするようになります。

 

気づかないで放置してしまうこともある性病のひとつですが、放置すると妊娠が出来なくなったり、命の危険もあるため、早期の婦人科での処置が必要です。
おりものに異常がみられた場合はすみやかに診察してもらうことをおすすめします。

 

カンジダ?アルビカンスというカビの一種が膣内で繁殖してしまうカンジダ症という性病は日本人にもっとも多い性病のひとつであり、ポピュラーといっても過言ではありません。
カッテージチーズや、小麦粉を水で溶いたようなねっとりとした固まりのおりものに異臭がする場合は、早く病院に行きましょう。

 

進行させてしまわない為にも早期の治療が大切です。
すそわきがの臭いと、性病でのおりものの臭いの自己判断、見極めが大切であり、どのような症状が自分にあらわれているか、まず観察してみることです。
臭いは身体のバロメーターでもあり賢い機能のひとつです。
無視せずに、真摯に受け止めましょう。

すそわきがの臭い対策消臭グッズおすすめランキングはこちら!

すそわきが臭い対策グッズランキング7選