すそわきがは何故遺伝するのか?すそわきがが遺伝する確率とは

すそわきがは何故遺伝するのか?すそわきがが遺伝する確率とは

「すそわきが」は不潔にしているからなるものではありません。
多くは遺伝的要因が関係しているとされています。

 

しかしなぜ、すそわきは遺伝するんでしょうか。
また、遺伝する確率はどれぐらいなんでしょうか。

 

ここでは、遺伝がどれだけ「すそわきが」に関係するかを説明していきます。

 

アポクリン汗腺が遺伝する

すそわきがは遺伝すると言われていますが、正確にはすそわきがの原因であるアポクリン汗腺の量や質が遺伝しているんです。
すそわきがの人は、アポクリン汗腺という汗を分泌する器官をたくさん持っています。
すそわきがでない人にもアポクリン汗腺はありますが、その量が少なかったり活発に活動していなかったりするんです。
すそわきがが遺伝するというのは、アポクリン汗腺の量や質が親から受け継がれている、という事になるんですね。
アポクリン汗腺の数は、生まれた時から決まっています。
そして、成長と共に大きくなっていくため、成長期を迎える途中ですそわきがになってしまうんです。

 

すそわきがが遺伝する確率は?

アポクリン汗腺の数が遺伝するため、親がすそわきがの場合はその子供もすそわきがになりやすくなります。
とは言っても、必ずすそわきがになるという訳ではありません。
すそわきがの遺伝の確率は、両親ともにすそわきがの場合は約80%、片親がすそわきがの場合は約50%と言われています。
結構高い確率で遺伝するんですね。

 

お子さんは、両親がすそわきがだという事を理解するシチュエーションはあまりないと思いますから、ご両親がすそわきがの場合は、生まれてくるお子さんがすそわきがになる可能性がある事を、少し考えなければならないでしょう。

 

すそわきがの遺伝の確率が高い理由は?

先ほども伝えた通り、すそわきがは、片親がすそわきがなだけでおよそ半分の人がなってしまいます。
これはアポクリン汗腺の量や質の遺伝が優性遺伝だからです。
すそわきがなどの体質を決定する染色体は、両親から1つずつ遺伝子をもらい、対になって出来ています。
ですから、母親の遺伝子をA、父親の遺伝子をBとすると、その組み合わせはAA、AB、BBの三種類になります。
ですが、優性遺伝の場合は中間のABという概念がないため、母親寄りのAAか、父親寄りのBBしかない事になるんです。
だから、どちらかがすそわきがの場合は、発症の確率が50%になるんです。
両親がすそわきがでもすそわきがにならないのは、隔世遺伝などが考えられます。

 

遺伝以外にも「すそわきが」の原因が存在する

「すそわきが」の原因は、全てが遺伝的要因というわけではありません。
実は、食生活によってもその可能性を高くしてしまうのです。
昔は「わきが」や「すそわきが」で悩むという割合は低かったというのは、食生活が影響しているという見解があります。

 

諸外国では多くの割合で「わきが」や「すそわきが」の人が居るとされています。
それは、毎日の食生活が、代謝に影響し、アポクリン腺の活性化に影響しているからです。
肉中心の食生活や、脂ものが多い食生活を続けていると、アポクリン腺の活性化が成されます。
つまり、「すそわきが」のリスクが高まるのです。

 

アポクリン腺を持っている人でも、水が主成分となるサラサラした汗を分泌していれば、臭いに悩むことはないです。
完全に臭いを抑えるまでには至らないにしても、強さを弱めることは、食生活の見直しによっても可能です。

すそわきがの臭い対策消臭グッズおすすめランキングはこちら!

すそわきが臭い対策グッズランキング7選